goro’s(ゴローズ)のこれから

女性でもカッコよくシルバーアクセサリーを身につけることのできる商品と言えば、goro’s(ゴローズ)のインディアンジュエリーですよね。

1971年に高橋吾朗氏によって創立されたgoro’s(ゴローズ)は、ネイティブインディアンにノウハウを教わった、本物のシルバーアクセサリーを販売している事で有名です。

吾朗氏自身が、ネイティブインディアンの元で修行を積んできましたので、1つ1つ手作りであることも有名です。

また、彼はその時にイエローイーグルという名を授かったことで、本物のインディアンという事でも知られています。

インディアンとして授かった名前はイエローイーグルという名で、その由来はイーグルとは神聖な鳥を意味し、イエローは太陽と東を意味しているそうです。

そんなgoro’s(ゴローズ)の人気の商品はなんと言ってもシルバーアクセサリーで、特にその中でもイーグルの形のものは今となっては手に入りにくいアイテムの一つと言われています。

それでも、もちろん他にも素敵なアイテムは沢山ありますので、連日お店には行列の絶えないほどの人気を呼んでいるのも事実です。

1つ1つ自分でカスタマイズしていきながら作りあげていくアクセサリーは世界にたった一つのモノですし、思い入れも強いものとなります。

高橋吾朗氏が亡くなっても、そのような精神は後継者の方々に受け継がれていますし、そのような魂も残っていますので、長年のファンも新規のファンもこれからのgoro’s(ゴローズ)にもずっと寄り添っていくのでしょう。

身につけなくなったアイテムでもブランド古着店などで買い取ってもらえるので活用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です