ヴァン クリーフ&アーペルの時計製造

ヴァン クリーフ&アーペルは世界的に有名な宝飾品のブランドです。

その始まりは1896年、ダイヤモンド研磨氏のアルフレッド・ヴァン クリーフと宝石商の娘であったエステル・アーペルの結婚がきっかけでありました。

1906年には、アルフレッド・ヴァン クリーフ、そしてエステル・アーぺルの兄シャルル・アーペルが、フランスパリのヴァンドーム広場に、宝飾品を取り扱うブティック、ヴァン クリーフ&アーペルを創業しました。

ジュエリーを扱うブランドとして歴史を刻んできたヴァン クリーフ&アーペルですが、1910年初頭からは時計製造も開始します。

これは、腕時計業界の時代がスタートした頃だったのであります。

あくまでジュエラーとして活躍してきたヴァン クリーフ&アーペルは、宝飾品を特徴としたケースを製作しました。

ムーブメントなどの時計の心臓部は、専門のメーカーに依頼していたのです。

そんなヴァン クリーフ&アーペルが、ウォッチメイキングに本格的に取り掛かったのは1999年からであります。

きっかけは、リシュモングループに入ったことでした。

しかし、現在でも、ヴァン クリーフ&アーペルの腕時計はダイアルやケースを自社で作成、ムーブメントなどは他社の機器をベースにして製造しています。

複雑機構を搭載しているモデルは、アジェーノ社という特殊時計を作っている業者の力を借りています。

今後、ウォッチメゾンとしても成長を見せてくれるであろうヴァン クリーフ&アーペルの活躍と、生み出されるコレクションには期待が集まっています。

ジュエリーファンなどで買取も行っているようなので参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です